平成28年6月15日 ともみ組青年隊主催
    稲田朋美国政報告会 〜いよいよ18歳選挙開始!!〜


パネルディスカッション


国政報告
 6月15日、稲田先生の国政報告会を行いました。これは、次の選挙から選挙権が18歳に引き下げられるわけですが、若い人達の政治離れ、選挙離れを少しでも解消するため、多くの若い人達にご参加いただくことを目的に開催いたしました。
前半は、稲田先生、清水県議会議員を交えてパネルディスカッション方式で行い、その後稲田先生による報告会をしていただきました。

 当日は10代の方も何名か来て頂きました。若い人達はなかなかこういった話を聞く機会も少ないと思いますので、実際の生の先生を見て、聞いていただいて身近に感じていただけたと思いますし、報道等で聞くこととはまた違った新しい発見があったのではと思います。
安全保障、社会保障、消費税、TPP、といったものすべて他人事ではありません。最終的に決定を下すのは政府でありますが、その決断をする議員を選ぶのは我々に与えられた権利であります。これからを担っていく若者たちのためにもより良い社会を残すために正しい選択が必要です。
ただただ反対だけをして代替案がなかったり、賛成派は取り上げず反対運動だけを取り上げて報道したりと偏った情報だけで間違った判断をしてしまうことが一番危険だと感じております。
今回出席していただいた方が、感じたこと、得たことを来られなかった人たちに話していただき、政治を話題にすることでもっと真剣に日本のことを考える場、機会を持っていただければと思います。

ともみ組青年隊 隊長 山田 直樹  
パネラー事前打合せ 青年隊進行スタッフにより最終打合せ お見送り お見送り





平成27年8月


  平和安全法制の理解促進にむけた
               街宣活動と勉強会を終えて

 現在国会で審議されている平和安全法制について、ニュース等を見てもただ反対意見だけが取り上げられていて、法案そのものが悪いものと思われている現状を見て、青年隊としても国民に正しい理解を広げるため、8月を「平和安全法制」について考える月間としました。
8月1日から広報宣伝車「おっかさん号」に乗り、班毎に遊説活動を行いました。1班から始まり、初日は稲田先生とともに街頭演説も行い法整備の必要性を訴えながら、福井市内、坂井方面、奥越方面と1カ月に渡り呼びかけました。

  また8月8日(土)には、福井県護国神社に於いて自由民主党福井市支部青年局・青年部と共に「平和安全法制についての勉強会」を開催し、講師に自由民主党政務調査会 田村重信 調査役をお招きして大変分かり易くご講演して頂きました。
講演には9名の県議会、市議会議員の他約115名の方にご参加いただきました。
戦後70年ということで特番等をよく見ますが、戦争は悲しいもので二度と起こしてはならないと強く感じます。しかしながら、段々と戦争を語り継ぐ方も少なくなっており、我々の戦争に対する意識も薄れていきます。そんな時、もし万が一戦争などの危機に巻き込まれたとしても、今の私たちに戦争へ行けと言われてもできる話ではありません。
また、これからを担う子供たちに、そのようなことがあるかもしれないという未来ではあってはならないと思います。そう考えれば、決してこのままではいけないとみなさんも感じられることと思います。
だからこそただ反対するだけでなく真剣に考えて、法整備が必要ならば整備して日本の平和を守っていただきたいものです。

ともみ組青年隊 隊長 山田 直樹   

【街宣活動の行程】
8月1日  ショッピングシテイベル駐車場−辻岡・南
8月3日  あわら市・坂井市−坪田・宮田
8月6日  福井市北部(大和田・高柳・森田)−光照・安実
8月8日  宝永・松本−長田・浅田
8月10日 永平寺・勝山−新田・宮田・山本祥嗣・松田
8月11日 福井駅近郊・二の宮−長田・馬場
8月17日 木田・花堂・麻生津−水島・坂本
8月25日 岡保・酒生・文殊−竹内・山崎
8月26日 飯塚−見谷・牧野・冨田




Copyright(C)2005 inada tomomi Office All rights reserved